勉強法

ぼくのかんがえた 最強の勉強方法(アウトプット編)

こんにちは よろしくです!

今回は、前回に引き続き、勉強方法についての記事となります。
後編は過去問の使い方を解説していきます。

教科書的な知識がついてきたら、いよいよ過去問!となると思いますが、
最初は満足な点数が取れないと思います。

どんなに頭がいい人が、どんなに簡単な試験(たとえば、運転免許の筆記とか)を解くときでも、最初から合格点が取れる場合って、ほぼないと思うんですよね。

そこで、間違った問題は見直しをすると思うのですが、
ここで、私がひと工夫していることがあります。

 

解説は使うな!

それは、『なるべく過去問についている解説を使わない』ということです。
は? じゃあどうやって勉強してんの?
と思われると思いますが、

いつも使ってる教科書・参考書みればいいやん?(´・ω・`)
って思うわけです。

基本的に、いつも使っている教材を使って、過去問のわからない問題を調べるようにしてみてください。

過去問の勉強で、あえて教科書・参考書を使うメリットには、以下があります。

 

① 記憶が定着しやすい

前回の記事で書きましたが、暗記のコツは、『何回も思い出す』ことです。

たとえば、過去問でわからない問題があったとして、
『あれなんだっけ?』
『この問題、どうやって解くんだっけ?』
と思ったとき、

過去問の解説を読んで
『ふ~ん(´・ω・`)』
と思うよりも、

いつも使ってる教材で調べて、
『ああ!これだよ!(; ゚д゚)』
と思った方が、記憶の定着がいいと思われます。

 

② わかったつもり を防止できる

本格的な勉強経験のある方はわかっていただけると思うのですが、
がんばって問題の解説とかを読んでいて、
もっともらしいことが書いてあった場合、
実際は理解できていなくても、“わかったつもり”になってしまうことってないですかね?

結果、その問題は解けるようになったとしても、
少しパターンが違うと、『解けない・できない』の悪循環になってしまうわけです。

でも、自分が普段使っている教材を使ってその問題を解くことができれば、
試験本番でも自分が持っている知識で解ける可能性が高いですし、
本番までにその教材に書いてある内容さえ覚えればいいというわけです。

試験勉強をしていて、
『本番までに合格点が取れるか不安(>_<)』
という人は多いと思いますが、
白紙の状態では解けなくても、普段の教材を片手に解ける問題が多ければ、
とりあえずは安心していいわけですね。。。

 

○△×勉強法

上記を踏まえて、私が実際に行っている試験勉強の方法をお伝えします。

① 目標点を決めよう!

まず、試験を受けるにあたって、試験本番での目標点を決めます。
この際気をつけてほしいのが 目標点 = 合格最低点 ではないということです。

その試験で不合格となるリスクと、試験の難易度を踏まえて、目標点を設定します。

たとえば、
この試験は簡単だけど、落とすと昇進に関わるから、絶対に合格する。
と思うのであれば、

目標点を合格点の1~2割ほど高く見積もってもいいですし、

逆に、
チャレンジで受ける試験だけど、正直落としても次のチャンスがある。

というのであれば、目標点を合格点ギリギリに置くかもしれません。

受験とかで複数の科目がある場合であれば、科目ごとの目標点数も設定しておくとよいでしょう。

 

② 実際に問題を解いてみよう

ここまで決まったら、実際に問題を解いていきます。
白紙の状態でいったん解いてみて、次に普段の教材を片手に解ける問題を探してみましょう。
(最初は『解ける問題を探す』というマインドで挑むのがポイントです。)

解き終わったら、問題に以下のような印をつけていきます。

 

○:なにも見ずに正解できた問題
△:普段の教材で正解できた問題
×:解説を読まないとわからない問題

ここで、点数の上げ方として、なるべく△を○に近づける方針で勉強を進めましょう。
×については、当面はほったらかしてかまいません。
そのかわり、△は何度でも解き直して、試験本番では確実に得点できるようにしてくださいね。。。

ちなみに、なぜ×の問題を放っておくのかというと、
解説をがんばって読んでも、本番で得点できるとは限りませんし、
そもそも心が折れるからですw
(どうしても気になる場合は、解説を読む場合もあります。)

また、当初は×にしていた問題でも、勉強を進めるなかで△になることは普通にありますし、そこまで来たら○にもっていけばいいと思います。

この方法の利点は、確実に解ける問題から攻略することで、モチベーションを失うことがないということです。
最初の得点が3割だったとして、いきなり9割近くに持って行くのは苦しいかもしれませんが、
3割 → 4割 → 5割 ・・・ と上げていけば、いつかは目標点に届くと思いませんか?

この行程を何回か繰り返した後、○と△の得点を合計して、①で決めた目標点が取れているか検証してみましょう。
目標点に届いていれば、あとは徹底的に△を潰せばいいですし、
届いていなければ、少し大変ですが普段使っている教材のストックを増やすとかで対策してもらえばいいかと思います。

あと、選択形式の問題については、選択肢ごとに○△×をつけるといいですよ。

以上、試験勉強がんばってください。
次回もよろしく!

ABOUT ME
よろしく
就職ブログ よろしく!管理人 20代男性。現在社会人3年目。 学歴含め特別な実績がないにも関わらず、就職活動に徹底して戦略的に取り組み、大手企業を含む、複数内定を獲得。 どこよりもロジカルに、就職活動のノウハウをお伝えします。 納得のいく内定をつかみましょうね^^ よろしく! (twitterはじめました!こちらもよろしく!)

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です