志望動機

志望動機のテンプレ(前編)

こんにちは、よろしくです。

 

前回は、企業研究なんて(少なくとも面接に必要な部分では)パンフレットのパラ読みで終わるよ~。ということを申し上げました。

(就活コンサルタントwが聞いたら発狂しそうですけどね。。。)

 

繰り返しになりますが、この理由は企業によって違いがもっとも現れる部分が、事業内容であるためです。それなら、OB訪問なんかせずとも、パンフ読めばいいじゃんって話です。

間違っても、企業理念、社風、人etcから志望動機のネタを探してはいけません。そんなの調べたらアホみたいに時間かかりますし、そもそもたいした違いなんかありません。

 

今回から、これ一本でどの会社でも受けられるだろ~。という志望動機についてお伝えします。(長くなりそうなので、2回に分けます。)

 

志望動機のテンプレ

就職活動を通して、志望動機で悩む方は非常に多いと思います。実際、管理人の同期で、就活をクリアした人でも、

志望動機って、なにを話したらいいか結局わからなかった
なんとなくインターンとか行って、会社の雰囲気・先輩社員の印象がよかったらそれを志望動機にしてた

という人が多い、というかほとんどです。

(何度でもいいますが、会社の雰囲気なんかたいした違いはないですし、だからみんな志望動機で悩むわけです。)

 

ですが、志望動機にはテンプレがあって、全会社、どの業界でもこのテンプレを使い回すことができます。というか、管理人が就活の途中で思いついたのですが、この方法に気づいてから志望動機について悩むことはありませんでした。企業研究はパンフのパラ読みで瞬殺、志望動機も企業研究やったら芋づる式に思いつくので、これも瞬殺みたいなかんじでした。

 

そのテンプレとは

『御社の○○の事業を通して、社会の役に立ちたいため、御社を志望いたします。』

 

これでいいです。

は?てなると思いますが、

①    御社の○○の事業を通して

②    社会の役に立ちたいです

 

2パートに分けて、それぞれ解説していきます。

 

① 御社の○○の事業を通して

何回も言っているように、会社によってもっとも違いが出る部分は事業内容です。

 

就活コンサルwは、

志望動機は、なぜその業界か?なぜその会社かを表現できていなくてはダメだ
その志望動機、他社ではダメなの? の問いに、的確に答える必要がある!

とか言ってくると思いますが。

 

じゃあ、一番違いが出る事業内容を志望動機にしちゃえばいいじゃんって話です。

 

説明会やパンフで説明された、その会社一番の強みの事業内容を志望動機にして、それをもとに社会の役に立ちたいです!といえば、面接官も、「それ同業他社じゃダメなの?」なんて言わないはずです。

それをあなたが受験するすべての企業で実行してください。

(事業内容に強みがない場合どうしたらいいの?と思う方もいるかもしれませんが、そんな会社たぶん潰れてるので、あったとしてもかなりレアケースだと思います。)

 

 ② 社会の役に立ちたいです

次に、② 社会の役に立ちたい の部分について説明します。

 

まず、就活生が志望動機について話すときにありがちなこととして、

「夢を語る」というのがあります。

 

たとえば、「世界の舞台で活躍したい!」とかそんなのです。(ワン○―スかよw

でもこれって、このブログで散々言っている「上位数パーセントの就活生しか通用しない」パターンの典型です。

よく考えてほしいんですけど、企業なんて所詮はお金儲けのための組織ですよね。ですから、ぶっちゃけあなたの夢なんてどうでもいいわけです。もちろん、この志望動機が嘘偽りなく、この就活生が非常に優秀であれば、

「こいつが夢を実現する過程で、我が社に利益をもたらしてくれるだろうな」

って判断されれば、採用される可能性はあります。

ですがこの場合、「非常に優秀であれば」という条件がつくわけです。

 

じゃあ、「自分が企業に入って役に立つ=利益を出せること についてプレゼンすればいいのかな?」と思うかもしれませんが、これも実は間違ってます。

 

というのも、就活の中で学生として優れたステータスを持っている人でも、入社後すぐに活躍できる人材なんてそんなにいません。普通は、何年も仕事して、やっと一人前になっていくってもんです。でも就活では、テニサーでサブリーダーやったり、文化祭の売り上げ増やしたぐらいですぐに会社の利益に貢献できると思う人が続出します。(本当になぜなんでしょうね?)もちろん、学生から起業してます。みたいな人なら話は別ですよ。でもそんな人、ごくごく一部だと思います。

 

じゃあどうすりゃええねん?って話になると思うのですが。つまり、考え方として

「いますぐ、会社の利益に直結することはできないけれども、長い目で見て、御社の経済活動で貢献していきたいというやる気はありますよー」といえればいいわけで、それってつまり広い目でみれば社会貢献なわけです。

 

それに、明日から売り上げ100万円あげろ!っていわれたらほとんどの学生さんは無理ですけど、社会貢献なら、ゴミを拾うとか、人に親切にするとかでも十分役に立てますよね。つまり、一般的な学生でもネタが作りやすいということです。

 

でも、ただ単に社会貢献したいです!って言ってるだけだと大多数の就活生とまったく同じになってしまうので、まわりと差別化するためにもうひと工夫します。その方法については、後半で説明していきます。

 

次回、後編をよろしく!

ABOUT ME
よろしく
就職ブログ よろしく!管理人 20代男性。現在社会人3年目。 学歴含め特別な実績がないにも関わらず、就職活動に徹底して戦略的に取り組み、大手企業を含む、複数内定を獲得。 どこよりもロジカルに、就職活動のノウハウをお伝えします。 納得のいく内定をつかみましょうね^^ よろしく! (twitterはじめました!こちらもよろしく!)

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です