自己PR

自己PRは○○を工夫するだけで千人抜きです。

こんにちは、よろしくです!

今回は自己PRについてです。

前回実践した中二病自己分析の結果を、この自己PRに落とし込んでいきましょう。

 

 平凡な自己PRに埋もれるなよ!

いきなりですが、多くの就活生の自己PRってこんなかんじだと思います。

私は、リーダーシップのある人間です。

テニスサークルではサブリーダーを務め、学園祭では売り上げがなんたらかんたら。

つまり、自己PRって、

前半部:就活生のパーソナリティ

後半部:その根拠

で構成されることが多いと思います。

でもよく考えてほしいんですけど、

多くの就活生って、実は後半部の実績でしか勝負してないんですよね。

 

たとえば、体育会で全国大会出場!とかって人でも、「私の強みは実行力です。」とかいってるんです。

でもこれって逆に考えれば、前半部をめちゃめちゃ工夫すれば、仮に後半部の実績が少しぐらい見劣りしたとしても、十分周りと差別化できる、逆転のチャンスがあるってことですよね。

 

つまり、自己PRの構成を

前半部:中二病自己分析でみつけた、自分の一貫した個性

後半部:その根拠

とすれば、自己PRのレベルとしては上位1パーセントには食い込めると思います。

 

キャッチコピーをつくれよ!

また、自己PRの前半部分については、

自分のキャッチコピーをつくると考えた方がよいです。

よく、就活本なんかに、「結論ははじめに・わかりやすく」とか書かれていることがありますが、中二病自己分析をしっかりやってもらった人はわかると思うんですけど、自分の性格ってひとことであらわしきれるものではないですよね。

つまり、一見わかりにくくてもいいから、キャッチーで自分の個性を表現できるようなメッセージを考えた方がいいよということです。

ちなみに、私の自己PRは次のような感じでした。

私は、中学生の恩師の先生に、○○という格言について教わり、人に親切にすることの大切さを学びました。以来私は、常にこの教えを心にとめて生活しており、そのなかで養った勇気・実行力・観察眼こそが私の強みです。

 

これって正直、実績的にみたらまったくすごくないと思うのですが、(ちなみに学生時代がんばったことのネタは別でありますよ。自己PRと学チカは混同されがちですが、私は分けて考えるべきだと思います。)これでも内定とれるんですよ。

たとえ内容は平凡でも、アピール方法を工夫すれば、十分通用するということがわかっていただけたでしょうか?

この自己PRを駆使して、就活で無双してください!

次回もよろしく!

 

ABOUT ME
よろしく
就職ブログ よろしく!管理人 20代男性。現在社会人3年目。 学歴含め特別な実績がないにも関わらず、就職活動に徹底して戦略的に取り組み、大手企業を含む、複数内定を獲得。 どこよりもロジカルに、就職活動のノウハウをお伝えします。 納得のいく内定をつかみましょうね^^ よろしく! (twitterはじめました!こちらもよろしく!)

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です