自己分析

自己分析は中二病的にやろう!

こんにちは、よろしくです!

今回は、就活の自己分析についてです。

 

就活に自己分析は必要?

そもそも、就活に自己分析が必要か?って話なんですが

自分は必要だと思います が

自己分析に1ヶ月かけたりとか

ましてや自己分析が終わってないから

説明会行けない\(>_<)

面接行けない\(>_<)

とかってなるのはまじで無駄なので

即刻やめましょう。

 

あと、子供の頃から生い立ちを振り返ったりとか(ひどいのだとワークシートに書いてやらせるところもある)

両親やお友達に自分のパーソナリティについて聞くのも、時間かかるので辞めたほうがいいです。

(人生においてどうなのかは知りませんが、少なくとも就活においては無駄です。)

私は一応、大手企業に勤務しているのですが、

同期でも自己分析はやってない(少なくとも1ヶ月とか巷でいわれるほど時間をかけてやってない)という人がほとんどです。

自己分析で必要なのは

 自己PR をはじめとした、自分の発言に一貫性を持たせること

だけでいいです。

 

 中二病自己分析!!!

で、この一貫性をもたせるっていうのが案外難しかったりするのですが 

ここでヒントになるのが

マンガとかフィクションの世界です。

たとえばドラゴンボールの孫悟空って

強いヤツと戦うとおらワクワクすっぞってなって 絶対逃げない

みたいなイメージを持つと思います。

 

んで、このイメージをみんなが共有しているのって

悟空のなかに おらワクワクすっぞ

のイメージがあって

ずっと一貫した行動をとっているからですよね。

 

自分に一貫性をもたせることができれば

たとえ今すぐ企業の利益に直結できる能力がなかったとしても

(というかほとんどの就活生はそうだと思いますが。)

会社に入ったあとの行動に説得力をもたせることができるのです。

これが、一貫性が大事だと私が主張する理由です。

 

でも、僕たちはフィクションの世界に生きてるわけではないので

そんな都合のいいキャラクターをもってる人っていないんですよね。。。

ですから、ワークシートに書いてやる自己分析や、他己分析って基本役に立たないのです。

 

そこで

自分がマンガのキャラだったら

どんなキャラになるだろうか?

と考えながら

自己分析をやってみてください。

 

この自己分析の方法を「中二病自己分析」と呼ぶことにします。(いま考えましたw

 

あと、さっきもいいましたが、自己分析はさっさと終わらせましょう。

自分が面接で使うキャラだけ見つければいいので、

人生全部振り返る必要なんかないです。

 

面接受けてみて、うまく行かなければまた自己分析からやり直せばいいので、

机に向かわなくても、お風呂はいってるときにぶつぶつつぶやく、電車での移動中にいろいろ考えるとかで十分です。

 

それと、自己分析を通して、志望動機のネタをみつけるとか、そういうのはやめましょう。

なるべく残業しない会社に行きたいとか、お給料は○○円以上ほしいとかそういうのは非常に大事なのですが、

面接で話すような志望動機に関しては、自己分析したぐらいではまずみつかりません。

(というか、志望動機に関してはどんなに行きたくなくても作れちゃいますw

 

次回もよろしく!

おら、ワクワクすっぞ。

ABOUT ME
よろしく
就職ブログ よろしく!管理人 20代男性。現在社会人3年目。 学歴含め特別な実績がないにも関わらず、就職活動に徹底して戦略的に取り組み、大手企業を含む、複数内定を獲得。 どこよりもロジカルに、就職活動のノウハウをお伝えします。 納得のいく内定をつかみましょうね^^ よろしく! (twitterはじめました!こちらもよろしく!)

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です