就活

100社も受けるのはアリなの?

 

 

いやありでしょ!?

と思ってしまうわけですが。。。

 

こんにちは、よろしくです。

心構え等でも書いている通り、私は就活において、100社もの会社を受験しました。100社受験したなかには、エントリーシートのみ提出(して落とされた場合)や、説明会のみ参加して選考自体した場合も含みますが、面接を受けた企業だけ含めても、確実に70社は受験しているはずです。

 

就活生が受ける会社数としてはかなり多い方だと思いますが、

でもよ~、そんなに会社受けて大丈夫だったのかよ~ と思われる方もいらっしゃるかもしれませんね。。。

 

でも私は、持ち駒(受験中の企業のこと)を増やして、多面攻略作戦で就活を行うのは、非常に有効な作戦だと思います。

 

そこで今回は、受ける会社は絞るべき派のよくある主張を、容赦なくぶったぎっていきたいと思います(笑)

 

 よくある主張と、管理人よろしくの反論

いっぱい受けてたら、企業研究の時間がなくなっちゃうじゃん(泣)

→ 企業研究は瞬殺です。

百歩譲って、企業研究に時間かけたとしても、遊ぶ時間を削って取り組めばいいだけの話ではないでしょうか?

 

 

持ち駒がいっぱいあると、スケジュール管理が難しそう。。。

→ ケースバイケースですが、最終面接とかでなければ、面接の日付は頼みこめばなんとかなる場合が多いです。志望度や面接の進み具合によって、スケジュールの優先順位をつけてください。それにスケジュールがキツキツになったとしても、持ち駒がつきてヒマになるよりは100倍マシです。

  

なんとなく、多くの会社を受けるのは悪 みたいな風潮あるよね。。。

→ 就活界隈でそのような風潮があるのは、就活生が多くの企業を受けると、会社側が困るからです(たぶんですけども)。ある程度優秀な人材が、受ける会社を絞って受けに来てくれた方が便利に決まってます。でも、それで内定取れるのは、「ある程度優秀な人材」だけです。我々凡人は、多くの企業を受験するしかないです。(そもそも、大手企業の倍率知ってます?めちゃめちゃ落としてますよ。)

 

内定取った先輩が、企業は絞れ!と言われた

→ 上記の価値観にだまされてるだけです。内定とった人でもこんな人がいるから恐ろしいです。社畜まっしぐらですねw

 

就活コンサルwに、絞れ!と言われた

→ 就活コンサルは、就活生の味方ではありません。彼らは実は、企業側の味方です。その証拠彼らはに就活生からはお金もらって活動してるわけではないですよね。お金とってるのは企業から、というケースが多いので、企業(中小、ベンチャーが多い)に優秀な学生を紹介してあげるのが彼らの仕事なわけです。凡人はそもそも相手にされてません。(これ大事なことなので覚えておきましょう。)

 

 

こんなもんでしょうか?

 

やっぱ、『多くの会社を受けるのは悪』みたいな風潮があるのが問題ですよね~。

でも、それやられて困るのは会社の人事だけなので、就活生はガンガン受けに行けばいいと思いますよ。

就活は内定とってナンボですよ(笑)

 

次回もよろしく!

ABOUT ME
よろしく
就職ブログ よろしく!管理人 20代男性。現在社会人3年目。 学歴含め特別な実績がないにも関わらず、就職活動に徹底して戦略的に取り組み、大手企業を含む、複数内定を獲得。 どこよりもロジカルに、就職活動のノウハウをお伝えします。 納得のいく内定をつかみましょうね^^ よろしく! (twitterはじめました!こちらもよろしく!)

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です