就活

逆質問って何聞いたらいいの?論争に決着をつけます

こんにちは、よろしくです。

今回は、逆質問について書いていきます。

 

そもそも逆質問とは何かというと、早い話が、面接の最後に人事の人から『なにかご質問はありますか?』と聞かれるアレです。就活生から人事に質問することになるので、“逆”質問と呼ばれると思われます。

 

そんで、この逆質問が結構くせ者というか、後輩の学生と話していても、『なに聞いていいかわからない(>_<)』って人が多かったりします。

 

というかそもそも、就活サイトとか就活本をみてても、『あなた(面接官)がこの会社に入社を決めた理由はなんですか?』とか、『あなた(面接官)の夢はなんですか?』とか、はっきりいって変な質問が多いです。(面接官のストーカーみたいですね。)

 

でもね、取り繕った質問はバレるぞ!

 

じゃあ、なに聞いたらいいんですか? っていう話になると思うんですが、正解は

『あなたがその会社に入社すると仮定して、気になることについて質問するとよい!』です。

 

変に専門用語とかを使う必要はないので、会社の方針、入社後の働き方について、気になっていることはなんでも聞いてみるといいですよ。むしろそのギャップをなくす場だと思うので。。。

 

残業ありますか?とか、福利厚生に関する質問はダメだ!みたいな意見もありますけど、正直そんなあからさまでなければちょっとくらい聞いてもいいと思います。

 

それでも思いつかない場合は、『内定いただける場合、入社までに勉強しておいた方がよいことはありますか?』と聞いておくとよいでしょう。これなら、どの会社でも使えますしね。

 

最後に、そもそもなんですけど、逆質問は無理にしなくてもいいと思います。その場合、『説明会やこれまでの面接でいろいろお伺いしてきたので、こちらからの質問は特にありません』と言うとよいです。(特に、最終面接の局面に来ていて、もう質問のネタがない場合)

 

逆質問は、変なことを聞いて自爆する就活生が後を絶ちませんので、効果的な逆質問の方法を知っているだけでも優位に立てると思いますよ!

 

次回もよろしく!

ABOUT ME
よろしく
就職ブログ よろしく!管理人 20代男性。現在社会人3年目。 学歴含め特別な実績がないにも関わらず、就職活動に徹底して戦略的に取り組み、大手企業を含む、複数内定を獲得。 どこよりもロジカルに、就職活動のノウハウをお伝えします。 納得のいく内定をつかみましょうね^^ よろしく! (twitterはじめました!こちらもよろしく!)

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です